人間にとって成熟とは何か🤔

こんにちは、Reiです☆

久しぶりに、のんびり読書♪

今日は『人間にとって成熟とは何か/曽野綾子』を楽しみました✨

たくさんお気に入りの文章があったけど一部をご紹介(*^^*)

お気に入り目次ベスト2

◆「問題だらけなのが人生」とわきまえる


『人生は、常に問題が続いていて当たり前だし、不足に思うことがあって当然なのだ。むしろそれが人生の重さの実感だとして、深く感謝すべきなのである。』

『苦痛や悲しみをどう受け止めるか、それをいかに達成するかは、死ぬまでなくならない、偉大な目的になるのである。』

私にはすごくしっくりきて、落ち着いた気持ちになれる文章でした☺️

常に問題が続いていて当たり前、という感覚がある人と無い人とでは、何か想定外のことが起きた時の対応や発言が全然違いますよね。

病気や死は、年齢だけでは計れないこともあるけど、苦しいときこそ「自分だけ!」に陥らずに、誰かに感謝できているかどうかだなぁって。

人間関係や難しい仕事に向き合っている時、子育てに悩んでいる時、そんな時も、その問題が特別ではない!!って少しでも思えたら、受け入れたり一歩進めたりできるかも✨

健康で変わらない日常を送れているときこそ、周りへの感謝は忘れがち☝

若い時は勢いがあったけど経験が少ない(経験が少ないからこそ勢いで進める!)し、年齢とともに経験が増えるけど頭がかたくなっていく(経験から学んだことが良くも悪くも基本になってしまう)から、「今の自分の」長所・短所をちゃんと理解して、未熟な自分のそばにいる人達を大切にすることは、満たされた時間を過ごせるキーポイントの1つになるのではないでしょうか🤔

◆正しいことだけをして生きることはできない

『少なくとも私は、そんなにいいことだけして生きようとしていないし、そう思う人は自己満足であって、何が社会や相手にとって正しくいいことかはそんなに簡単にはわからないことが多いからだ。』

私は、友人や仕事で知り合った人達から、色んな相談をされることが多い方だと思います(*^^*)

その相談してくれた人、1人1人にとって、何が良いかは1人1人+その時々で違うと思っているから、私の意見はいつも変わります🧐

私が何を好むか!と意見を求められたら、数年では大して変わらないけど(笑)

違う人生を生きている「誰か」と私にとっての『良い』は、想像以上に違うもの⚠ 

自分の知識や経験が誰かの参考になって、誰かの人生がより良くなれば嬉しいことだけど、それはこちらからは見えないモノなんですよね👀


まだまだ面白い話題がいっぱいで、読みやすい1冊♪

GW明け、少し疲れてきたな〜なんかモヤモヤだな〜な人は、是非(*^^*)